2017年12月28日

「悪魔の兵器」地雷(land mine)


カンボジアで約39年前(?)までの約4年間、ポルポト(クメール・ルージュ)の、
大虐殺時代に埋められた地雷が現在でも多くの死傷者を出しています。

地中で半永久的に作動し、手足をぼろぼろに引き裂く地雷は、
その残虐性から「悪魔の兵器」と呼ばれています。

地雷被害者の苦しみは、障害を一生負うだけではなく、カンボジアでは
差別にも直面しています。被害者の作った米や野菜は買わない、家族とは
付き合わないと言う人が少なくないそうです。

「前世で罪深い行いをしたから報いで受けた、との偏見が根強い」
と報告している日本人のCMC現地駐在員の方もいるようです。

2016年の地雷や不発弾による死傷者は83人。
1996年の4,320人をピークに徐々に減少し、2,000年に
859人、今年2017年1~6月は32人にとどまっているそうです。

福岡市のイベント企画会社社長、大谷賢二(66)さんが19年前に、
この悪魔の兵器撤去の非政府組織(NGO)を立ち上げられました。

これまで地雷撤去や学校建設でカンボジアに行ってきた支援は、
総額で1億6千万円を超えているそうです。

カンボジア地雷撤去キャンペーン(CMC)
本部は福岡市早良区、全国に6事務局、サポーターは約2千人。
2016年度の収入は募金・支援金1,600万円、チャリティーゴルフ
などの事業収入800万円ほか。問合せ同団体=092(833)7676

以上は12月18日の西日本新聞朝刊記事の要約です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
20世紀、世界には嘘のような大虐殺(genocide)が少なからず起こっています。

カンボジア → ポルポトが率いるクメール・ルージュに支配され、虐殺は4年間で
200~300万(?)とも言われています。カンボジアの人口約800万人。

私とあまり付き合いのない友人が、多分、その当時の前後(???)に
農業実習生としてカンボジアに滞在し、帰国後、不幸にも、少し精神状態が
不安定になり、数年後、病死した不幸な人生を終えた人がいます。

ルアンダ(アフリカ) → フツ族とツチ族の間の争いが、1994年4月6日発生、
約50万人~100万人(?)が虐殺されています。ルアンダの人口の10~20㌫
にもなるそうです。

ドイツ → ヒトラーが実施しましたユダヤ人のホロコーストは、
約600万人(?)とも言われています。  


Posted by 福岡桃太郎 at 21:55Comments(0)外国情報

2017年05月07日

ホノルル国際空港

2017年4月27日からハワイ州オアフ島、ホノルル国際空港
の名称が、ダニエル・K・イノウエ国際空港と変わりました。
( Daniel K Inouye International Airport )

氏は1963年、米国日系人初の米国上院議員に当選。2012年まで
民主党上院議員を務められました。アジア系米国人国会議員として
アメリカ全国会議員の第4番目の地位にまで登りつめられた方だそうです。

ハワイと米国の為に尽力された功績で、ホノルル国際空港から→
Daniel K Inouye International Airport に名義変更されました。

ハワイ州出身の(旧)オバマ大統領は井上国会議員を尊敬して
国政に立候補されたそうです。

井上氏は2012年12月17日、88才で他界。第二次世界大戦中は日系人部隊
442部隊のヨーロッパ前線で戦い、右腕を負傷し、切断されています。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

昨日、4チャンネル「ニュースキャスター」(?)を見ていたら、
ダニエル国際空港に関してのニュースが報じられていました。

井上氏のお父さんは、福岡県八女郡上陽町(現在の八女市)出身で、
その土地には井上姓の家や店が多いことも放送されていました。

八女郡黒木町(現在の八女市)はペルー の旧・フジモリ大統領の母上
出身と記憶しています(?)。父上は熊本出身と思います。

ビートルズのジョンレノンの奥様、ヨーコさん(旧制・小野ヨーコさん)の
おじいさんは、柳川市出身で旧・日本興行銀行総裁(?)になられた
方だそうです。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

1959年8月21日、アメリカ50番目の州となりました。ハワイには8つの島があります。
1番大きな島が、ハワイ島、2番目が大都市ホノルル市があるオアフ島。
8つの島のハワイの面積は16,636平方km(東京都の7.6倍、福岡市の48倍)、
人口1,360,301人(福岡市1,557,669人)ホノルル市953,207人、

人口構成は白人系33.6万人、フィリピン人系19.7万人、日系18.5万人、
ハワイ系8万人、混血日系人31,2万人(?)(全米日系人(混血))109.5万人の28.5㌫)

以上は検索による統計概算(?)です。

  


Posted by 福岡桃太郎 at 14:02Comments(3)外国情報

2016年06月04日

世界最長鉄道トンネル

スイス・アルプス山脈を縦貫する全長約57.1kmの
鉄道トンネル「ゴッタルドトンネル」が6月1日開通しました。

日本の青函トンネル53.85kmより約3km長い
世界一長いトンネルの出現です。

トンネルはアルプス山系中央部の麓の町エルストフェルトと
南部ボディオを結び、1999年に着工。総工費122億スイス・フラン
(約1兆3,500億円)。完成まで約17年の歳月をようしています。

竣工式には数千人の一般人、ドイツのメルケル首相、フランスの
オーランド大統領、イタリア、スイスの首脳陣も列席されています。

以上は6月3日の西日本新聞記事からの情報です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

英仏海峡トンネルの長さは約50.5km(海底部の長さは37.9km
で世界一です)。青函トンネルは海底部の長さは約23.3km。

ボスポラス海峡トンネル(トルコ)は約13.6km(海底は約60mで
世界一深い海底トンネル)。ヨーロッパ側のトンネルは日本の
大成建設が建設従事しています。

関門海峡鉄道トンネルは上り線3,604.63m, 下り線3,614mの
単線トンネルになっています。









  


Posted by 福岡桃太郎 at 16:20Comments(0)外国情報

2016年03月04日

「約40年前の旧ソ連」の講演

1974年10月より5年間、ブレジネフ書記長政権下の社会主義絶頂の頃、
モスクワに日本航空モスクワ支店長として5年間滞在されました中里公哉
氏の講演を「あすみん」セミナーホールで拝聴してきました。

旧ソ連からロシアにかわって、現在のロシアは約40年前のソ連とは違うと
前置きされての講演になっていました。

約40年前の旧ソ連は、日本では体験できないような不思議な体験を
数多く体験されたようで、世界にはいろんな体制、社会状況があるものだなーと
大変勉強になりました。

講演では話されなかったレジメ記載には、夜間は街灯がなく真っ暗闇、
地図は販売されておらず、一般的には官公庁、商店などは電話番号は
公表されてなく、トイレットペーパーは新聞を切ったものが使われ、使用後は
横の籠に入れなければなななく、チューインガム、ストッキング、折り畳み傘
などの輸入禁止、殆ど高層ビル(アパート?)で一軒家が無かったみたい、
屋内駐車場は存在しない、自動車部品は販売されていない、市内の幹線道路
の1車線は黒塗り公用車専用、監視社会、深夜から物を購入するのに店の
前の行列、共産党員証保有者のみの店、一般市民は外貨所有禁止、
日航のカレンダーが大もて、中華料理店は1軒のみで味が違っていたこと
‥‥などなど。

第二次世界大戦で1,450~2,000万人の戦死者がでたことで、建築労働者、
交通機関の運転手、医者、官庁の上級管理職まで女性の分野。

ロシア人は人情家で、普段は熊みたいに大人しく、ちょっとのことで騒いだり
怒ったりしない極めて大陸的ですが、怒ると怖い存在のようです。
好きな国は、アメリカ、フランス、次が日本、嫌いな国はドイツ、中国のようです。

このような講演は最近になって数回されたのみで、今回は
約1時間30分の講演で約40人の聴講者でした。

<現在のロシア>

面積17,075,400平方km ( 地球上の居住地域の1/8、
世界1の面積で、日本の約46倍、人口密度8人/平方km )
人口1億4千300万人 ( 世界9位、日本が10位(?) )
首都 モスクワ
大統領 ウラジーミル・プーチン

以上は2月25日、ASKアクティブシニア交流会での講演でした。
場所は福岡市青少年センター5階「あすみん」セミナールーム。
中央区大名2ー6ー46,



  


Posted by 福岡桃太郎 at 19:21Comments(0)外国情報

2016年01月10日

億万長者の寄付

億万長者を英語でbillionaire, 寄付をdonationと言います。

(Mark Elliot) Zuckerberg(マイクロソフト設立)は、2006年(?)、
ルームメイト達とソーシャル・ネットワーキング facebookを立ち上げています。

2012年、彼はPriscilla Chan(中国系アメリカ人)と結婚しました。
生まれてきた娘(?)宛ての手紙(公にされている)に彼の資産の
99㌫を社会に寄付すると記述しています。

何とその寄付金額は450億ドル(約5兆円以上)にもなっています。

億万長者と言えば世界第1位のBill Gates(マイクロソフト), 3位の
Warren Buffet(株式投資家)‥‥等がいますが、200人以上の億万長者達が
資産の半分以上を寄付する誓いを立てています。


アメリカは貧富の差が激しく、銃犯罪が多発している国‥‥など物騒な国でも
ありますが、寄付する国でもあります。全国民の99㌫が何らかの寄付をしている
国でもあるようです。

かの有名なスタンフォード大学(世界1広い大学と読んだこともあります?)も
寄付で設立されています。

Zuckerbergはユダヤ系アメリカ人で現在31才。

以上の記事は12月、「ニュースで英会話」情報記事から得た情報記事です。
  


Posted by 福岡桃太郎 at 03:29Comments(2)外国情報

2016年01月03日

 アメリカ高速鉄道計画

TCP(テキサス・セントラル・パートナーズ)は、ダラスーヒューストン間(約385km)
にJR東海の新幹線技術を導入する方針を(12月28日までに)決めたそうです。

TCPのティム・キース最高経営責任者(CEO)は「2021年に営業運転を始めたい」
と強調しています。

<アメリカの他の高速鉄道計画>

ワシントンーボルティモア間(約60km)はJR東海が売り込み中
ロサンゼルスーサンフランシスコ間(約1290km)はJR東日本連合対中国など
ラスベガスーロサンゼルス間(約370km)は中国を採用

インドネシアでは最終段階で中国に逆転されています。
インドでは日本の新幹線技術導入が決まっているようです。

中国の高速鉄道技術はドイツ技術が基礎になっていると聞いてます。

世界の高速鉄道導入に際して、各国の売込み競争が激しくなって
いるようです。

以上は12月29日共同通信記事からの情報です。  


Posted by 福岡桃太郎 at 02:16Comments(0)外国情報

2015年08月21日

世界の人口

世界人口は2014年8月時点で約72億4,400万人です。
1950年、約25億だった人口が、64年間で約47億人も増加しています。
この増加は驚くべきことに思えます。

<世界人口ランキング>

1位 中国   13億9,400万人 (青少年の割合 20㌫)
2位 インド 12億6,700万人 ( 28㌫)
3位 米国    3億2,300万人 (        20㌫)
4位 インドネシア2億5,300万人 (    26㌫)
5位 ブラジル 2億200万人  ( 25㌫)
------------------
10位 日本    1億2,700万人 (        14㌫)


ここでの青少年は10才~24才までの年齢の人です。
1950年の世界青少年人口は7億2,100万人だったのが
約18億人にもなっています。

先進国では少子高齢化が、発展途上国では急な人口膨張
などが社会や環境に影響を与えています。

総人口に占める割合が高いのは東ティモールやアフガニスタン、
エチオピアなどで、国民3人に1人が青少年だそうです。

日本の青少年は約1,800万人で全体に占める割合は14㌫、
データがある198国・地域の中で最下位となっています。

以上の統計は国連人口基金(UNFPA))の2014年版「世界人口白書」
統計からのものです。





  


Posted by 福岡桃太郎 at 03:33Comments(0)外国情報

2015年05月22日

海外の邦字新聞

海外の日本語新聞は、アメリカ・ロサンゼルスには[羅府新報]があります。
創刊は1903年(明治36年)。1986年には発行部数約2万4千部のピークでしたが、
情報のデジタル化などによる新聞離れで、現在約8,500部まで落ち込み、
発行日時も週4日になっているようです。

最古の海外邦字紙はサンフランシスコでは1880年代半ばに発刊された
東雲雑誌(しののめざっし)。1899年創刊の日米新聞を母体として
戦後の46年から続いていた日米タイムズと、48年創刊の北米毎日が
相次いで廃刊に追い込まれていたそうです。

現在、北米には羅府新報の他にバンクーバー新報(カナダ)、北米報知(シアトル)、
シカゴ新報、ハワイ報知などがあります。約10年前位には、ユタ州・ソルトレークシティー
にも数千部発行の日刊紙がありました。(オウナーの日本人女性が95,6才(?)位で
他界され廃刊になっているようです。10年前位の西日本新聞記事を読んだことがあります)

南米にはブラジルに2紙(ニッケイ新聞、サンパウロ新聞)とアルゼンチン、ペルー、
パラグアイの各国に1紙ずつあります。

現在、東南アジア、例えばタイなどにも日本語新聞が発行されているのだはないかと
類推しますが、今のところその情報は手にしていません。

以上は5月21日の西日本新聞記事からの情報です。  


Posted by 福岡桃太郎 at 15:16Comments(0)外国情報

2015年05月15日

17億円超の社員旅行

中国・天津市の企業グループ約6,400人が、社員旅行でフランスに4日間
滞在したそうです。その総額費用が、何と1,300万ユーロ(約17億4千万円)。

一行は健康食品の販売などを手がける「天獅集団」で、創立20周年記念
としての社員旅行だったそうです。

天獅集団は100以上の国・地域に拠点を持ち、会長は中国富豪ランキング
24位の人物とのこと。

パリでは140余りのホテルに宿泊し、有名百貨店は免税手続き所を特設して
対応したそうです。

ニースではホテルが足りず、近隣地域も含めて四つ星、五つ星の
高級ホテル計約4,700室に泊まり、豪華遊覧船に乗り、そろいの
帽子やシャツを着て大通りに集結。500mに及ぶ人文字をつくって
ギネス記録を更新し、第2次世界大戦勝利70年を記念したパレード
も行っています。

旅行中、ファビウス仏外相が面会したそうです。

そのパレードが異常に思えましたので、写真掲載をしたかったのですが、
私は携帯で写真を撮ったことも写真をブログに載せたこともありません。
残念ながらこれは割愛せざるをえませんでした。( 時代遅れで、悲しいかな、
実際これが出来ないのです -------- 出来るよう今年中に指導を受けます )

私は見ていませんが、これらのニュースは、本日昼間の某テレビ局でも
とりあげていたようです。

日本は2020年までに、外国人観光客を2千万にしたいそうですが、
フランスは1億人を目標にしているようです。

以上は西日本新聞(グループ)特派員北京駐在員の記事を引用しています。  


Posted by 福岡桃太郎 at 19:06Comments(2)外国情報

2015年01月22日

中国人の移民

現在、中国は移民ブームのようです。

1990年 408万人
2000年 549万人
2013年 934万人

(各年度ごとの数字ではあまりにも多い数に思え、この統計は
これまでの累積統計数ではないかと私は思いました?)

特に富裕層やエリート層で増えているようです。

中国には不動産・金融資産1,000万元(約1億9,000万円)
以上の富裕層が105万人いて、その内64㌫が既に移民したか、
検討中とのこと。

移民先は米国、カナダ、豪州などが人気ですが、
景気低迷にあえぐポルトガル、ギリシャ、キプロスなどの
欧州諸国も近年、投資移民制度を次々に導入し、新たな移民先
として注目されています。

中国の法律では個人が海外送金出来る外貨は年間5万ドルまで。

仲介業者は「大手国有銀行のマカオ支店に口座を開き、友人や
親族10数人の名義で送金する。詳細は明かせない」と口を濁す。

富裕層が移民する背景には、中国の現状や将来への不安があるようです。

毎日新聞の1月19日1面の左側の中小位の記事として、「中国は住みにくい?
富裕層の海外移住急増」の見出しで「受験戦争と体制不信」の小さい
サブ見出しが出ていました。

関係者は「米国に移れば中国ほど激しい受験戦争がなく、
留学より有利な条件で有名大学に進める」と話してもいます。

投資移民の約9割を中国人が占めていたカナダは、中国に対して、
昨年2月、1人の投資額が少ないという理由で投資移民を廃止しています。

以上は、1月19日の毎日新聞1面左側の小さな記事からの引用です。



  


Posted by 福岡桃太郎 at 15:43Comments(0)外国情報

2014年11月26日

韓国の「英語教育都市」

韓国政府が整備を進める「英語教育都市」は、
韓国最南端の済州(チェジュ)島にあります。

その敷地はヤフオクドーム(福岡市)55個分の広さで、
現在、全授業を英語で行うインターナショナルスクール
(国際学校)3校が集積しているそうです。

「目指すのは英語圏と同じ生活環境。こんな都市は世界でここだけでしょう」と
済州道職員の言。2年後には新たに1校が開校し、計画通り全7校がそろえば、
生徒数9千人、人口2万人の街になるそうです。

「ノース・ロンドン・カレッジエイト・スクール(NLCS)済州」は、2011年、
最初に開校した国際学校の1つ。現在、幼稚園児から高校生まで814人が
学んでいて、学費は年間300万円近くで、校内の公用語は英語。

韓国の教育熱は「キロギアッパ(雁父さん)」と言う言葉を生み出しているそうです。
その意味は、教育のため、子供と妻を海外に送り出し、自国に残って仕送りを続ける
父親のことを意味するとのこと。

二重生活は、ときに家庭崩壊の悲劇を生み、メディアの話題になることもあるようです。

以上は11月24日の西日本新聞記事の要約です。

------------------------------------------------------------------------

済州島は日本の五島列島に一番近い、韓国最南端の島です。

韓国は資源が少なく、農業もそんないに豊ではなく、国土面積の割には
人口も多く、経済面は何時も海外に目が向いているようです。
  


Posted by 福岡桃太郎 at 18:14Comments(0)外国情報

2014年11月09日

ニューヨークの象徴復活

11月5日の共同通信記事に「NYテロ跡地に最高層ビル開業」
の見出しがでていました。

世界貿易センタービルの跡地一帯で建設が進む超高層ビル群のうち
約541mと最も高い「IWTC」ビルがオープンしたそうです。

IWTCビルは104階建てで総工費39億ドル(約4,440億円)。

最初のテナントは出版大手コンデナストで11月3日に入居したそうです。

早いもので2001年の米中枢同時テロから13年も経過したんですねぇー。

ニューヨークの象徴はいろいろありますが、先ず、自由の女神、エンパイアステイトビル、
かっての世界貿易センター‥‥などが挙げられます。

私はかっての「World Trade Center」ビルの約300~500m(?)位の所で
勤務していたことがあます。昼休みには、会社の斜め前のトリニティー教会の
こじんまりした墓地を横に見ながら、Broad Wayを歩き、貿易センタービルの
広い空き地まで時々散歩もしました。

貿易センタービルの確か100階(?)位までエレベーターで昇ったこともあります。
エレベータ上昇スピードの速かったことが記憶に残っています。

数十年ぶりにニューヨークを訪問し、IWTCビル、トリニティー教会墓地‥等にも
寄ってみたく思っています。何時実現できるのやら??

  


Posted by 福岡桃太郎 at 02:17Comments(0)外国情報

2014年10月11日

17歳でノーベル賞

2014年のノーベル平和賞を、パキスタンで女子教育の権利を求め、12年に銃撃された
マララ・ユスフザイさん(17)と、児童労働根絶に取り組むインドの活動家(男性)、
カイラシュ・サトヤルティさん(60)の2人が授与されることに決まりました。

17歳での受賞は1901年に始まったノーベル賞全6部門を通じて史上最年少。
女性の平和賞受賞は16人目。

ノルウェーのノーベル賞委員会は、2人の受賞理由を「子供や若者の抑圧への抵抗、
全ての子供が教育を受ける権利に向けた努力」と説明しています。
(以上は共同通信記事からの引用です)

17歳のマララ・ユスフザイ(パキスタン)さんのノーベル平和賞受賞決定は、
10月7日、日本人3人、赤崎、天野、中村氏のノーベル物理学賞に次ぐ快挙だと思います。
マララさんは現在、イギリス・バーミンガム在住のようです。

--------------------------------------------------------------------

ノーベル賞受賞式(5部門)はスウェーデンのストックホルムで挙行されますが、
平和賞だけはノルウェーのオスロで行われます。

北欧に位置しますスウェーデンの人口は約1,000万人、ノルウェーの人口は
約500万人で、強国ではありませんが、ノーベル賞を授与している国のため、
世界中でその国の評価を高めていると思います。

---------------------------------------------------------------------

ヨーロッパには20数ヶ国あります。日本より面積の広い国は、フランス>スペイン>
スウェーデン>ノルウェーの4ヶ国のみです。ドイツ、イギリス、イタリア、フインランド‥‥
などは日本の面積より狭いのです。世界には約200ヶ国位ありますが、面積が極端に
広いのは、ロシア、カナダ、中国、アメリカ‥‥などで、日本の面積は,約64~65位(?)
ではないでしょうか。決して狭い国ではないのです。海洋面積は世界で6位(4位??)
の大国と記憶しています。

----------------------------------------------------------------------

ノーベル賞受賞(決定)おめでとうございます!!  


Posted by 福岡桃太郎 at 16:46Comments(0)外国情報

2014年09月20日

Scotland


スコットランドはイギリスに残留が決まりました。

英国からのスコットランド独立の是非を問う住民投票の結果は、18日の投票で、
独立賛成が44.65㌫、独立反対が55.25㌫で英国からの独立はかないませんでした。

エリザベス女王やキャメロン首相をはじめ、大多数の英国人はホットしたことでしょう。

英国の人口は約6300万人、スコットランドは約530万人、
英国の面積は24.36万平方km ( 日本は約37万平方km ) 、
スコットランドの面積は7.839万平方km ( 北海道よりやや小さいそうです )

スコットランドの首都はエジンバラ、最大都市はグラスゴーです。

経済学の父、アダムスミス、発明家ジェームズ・ワット、グラハム・ベル、
作家アーサー・コナン・ドイル、007俳優のショーン・コネリー、女優デボラ・カー‥‥
などなどを輩出しています。

昔、有名だったネス湖もありますネェ。

私もスコットランドは独立しないで良かったと思っています。

----------------------------------------------------------------------

スペインのカタルーニャ自治州(主な都市はバルセロナ)‥今年の11月に独立是非の
住民投票があるそうです?。バスク自治州、ベルギーのフランドル地方、イタリアの
ボルツァーノ自治県などは独立したがっている地域だそうです。

カナダのケベック州(公用語はフランス語)もそうらしいですよ。  


Posted by 福岡桃太郎 at 22:08Comments(0)外国情報

2014年06月27日

世界平和度ランキング

1位 アイスランド ( 英国の北、北海圏にあり、北緯63~65度位の位置 )
2位 デンマーク  ( ドイツの北の小さな国 )
3位 オーストリア ( ドイツとチェコの南、イタリアの北 )
4位 ニュージーランド
5位 スイス     ( フランスの東、イタリアの北、ドイツの南 )
6位 フインランド  ( ロシアの西 )
7位 カナダ
8位 日本
9位 ベルギー
10位 ノルウェー 
 :
 :
 :      
52 韓国
101 米国
108 中国
141 ウクライナ
143 エジプト
152 ロシア
153 北朝鮮
159 イラク
162 シリア

-------------- 162カ国・地域のテロの危険性や社会の安定度、軍事費など22項目の
指標を数値化することで、ランキングは英国の調査機関がデーターを集め、本部が
シドニーにある民間の国際研究機関 「経済・平和研究所 」が6月18日に発表しました-----------

以上は6月18日の共同通信の記事情報です。  


Posted by 福岡桃太郎 at 20:29Comments(0)外国情報

2014年04月12日

和僑

「和僑」とは祖国日本を離れ、中長期的に異国に住み、そこで生計を立ている
日本人のこと。(日本企業の駐在員もこの範疇に入ります)

約1週間前、NHKテレビで東南アジアの和僑を放映していました。

7~8社から援助を受けながらタイでサッカーを教えている相原豊(34才)さん。
カンボジャのプノンペンでビジネスとボランティアを結びつけている人、
他に美容師さんなど。アンコールワットでクッキー工場を経営して、販売している小島幸子さん。
彼女は元々日本語を教えに現地に来たそうです。

他にはタイでの和僑人を多く放映していました。

---------------------------------------------------------------------------

華僑とは?

本来、中国国籍を持つ移住第1世代を指す(華僑の「僑」は「僑居(仮住まい)の意味」。
現地で生まれた現地国籍を持つ2世、3世以降は「華人」と呼ばれ、本来は華僑と区別される。

1998年現在、華僑(華人も含む)の人口は推定5,500万人。
その分布は約8割が東南アジア地域に集中、現地の経済に大きな影響を及ぼしている。
他に北米、ヨーロッパ、南米、オセアニアなど。

以上の「華僑」情報はインターネットでの検索からです。  


Posted by 福岡桃太郎 at 12:22Comments(0)外国情報

2014年02月28日

Scotland

スコットランドは英国から独立するかどうかの(2者択一)住民投票を
今初秋に実施する予定です。

英国はBritain, England, the United Kingdom, the U.K. UK などと言いますが、
正式名称は、the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland と言います。

イギリスはイングランド、スコットランド、ウエールズ、北アイルランドの
4地方から構成されています。

その1地方のスコットランド(約300年前は独立国だったそうです)がイギリスから
独立したいという人達が約30㌫もいるそうです。しかも政権与党になりました政党と
サモンド首相までもがイギリスから独立したがっているとのこと。

スコットランドの面積は北海道くらいで、人口は約500万人、主な都市は
エジンバラ、グラスゴー‥‥など、主な産業は観光と農業、北海油田が近くにあります。

007俳優のショーンコネリーはスコットランド独立党(?)の党員だと聞いております。

住民投票は50㌫を超えないと思いますが、超えるとややこしくなることが多く出てくると
予想されます。イギリスはポンド貨幣を使用させないでしょう。

英国は面積が日本の約7割弱、人口約68,000万人。
  


Posted by 福岡桃太郎 at 02:21Comments(0)外国情報

2014年01月28日

パリのリトル東京

パリの昨今の和食ブームは凄いと作家の辻仁成は西日本新聞の随筆で書いています。

特に日本風ラーメンの人気がダントツだそうで、サンタンヌ通り界隈に5店舗も出店している
「ひぐま」というラーメン店まであるそうです。直近に博多「一風堂」も開店予定。

パリのオペラ地区、サンタンヌ周辺には、寿司屋、讃岐うどん、ラーメン店などの
日本人オーナーの店が、30~40軒程度あるそうです。

かってサンタンヌ通りに東京銀行があり、日本からやって来た料理人たちは
東京銀行と取引をし、それがもとで、オペラ地区に和食店が増えていったそうです。

パリ全体では、寿司屋が1,300軒程。その内、日本人経営は30軒程度で、
あとは日本語の通じないアジア系とのことでした。

リトル東京で有名なのはロサンゼルスですが、最近は韓国人が
多くなってきていると聞いています。

上記内容の主なる出典は、辻仁成の Let it be というタイトルの随筆からの情報拝借です。  


Posted by 福岡桃太郎 at 01:44Comments(0)外国情報

2013年06月11日

ネェパール

ネェパール(連邦民主共和国)は、インドと中国・チベット自治区に囲まれた
ヒマラヤ登山で有名な国です。2008年に王制を廃止しています。

面積140,800平方km(北海道の約1.6倍)、人口29,331,000人、首都はカトマンズ、
主にインド・アーリア系住民とチベット・ミャンマー系民族が居住しています。
宗教はほとんどの人ががヒンドゥー教。

このネェパールで38の学校(主に小学校?)を建てた日本人がいます。
その日本人は、当地で銀杏旅館を経営されてます筋田雅則(67才)さんという方です。

妻子を日本に残して59才の時、ネェパールに移住されています。
若い時から年に2~3回位、ヒマラヤ山脈登山にネェパールを訪れ、
その時お世話になった恩返しで、移住し、旅館を経営(お客さんは月に数人程で
完全な赤字経営だそうです)しながら学校建設をしてこられたそうです。

ネェパールに学校を建てた人の話は1週間前にテレビで見ました。

日本の日本語学校で、中国人の生徒さんが少なくなってきているそうですが、
それに反比例してネェパール人とベトナム人が増えてきているとのこと。

ネェパールはエベレスト山(8848m)の登山口です。
先月、三浦雄一郎さんが世界最高齢80才でエベレスト登頂に成功されました。

同じ頃、エベレスト登頂を試みておられた60才代の女性登山家と男性が、
体力を消耗して亡くなっておられます。

2人の登山家の死亡からもエベレスト登山が過酷なことが分かります。

世界最高峰のエベレスト山頂は、昔、海の底で、山頂に海の貝の化石が
あるそうです。インド大陸とユーラシア大陸がぶっかって隆起して出来ている
山であるこは良く知られている事実です。

地球も生き物で、アフリカ大陸と南アメリカは大昔に分離したそうです。
地球には興味つきない不思議な場所が幾つもありますね。  


Posted by 福岡桃太郎 at 16:58Comments(0)外国情報

2013年06月04日

Rising Africa (2)

横浜市開催の第5回「アフリカ開発会議」が6月3日、閉幕しました。

4回から横浜市開催ですが、1993年の1回から3回まで東京で開催されています。

東京開催ではアフリカの貧困や飢餓、政情不安に苦しむアフリカへの援助に加え、
日本が国連外交を有利に進める上での支持獲得を各国に求めました。

4回からは「援助」から経済「投資」に変化してきました。政府は20年の
東京オリンピック開催招致への支持も呼びかけていたようです。

昨日、アンカラやイスタンブールを中心としたトルコの主要都市のほとんどを巻き込んだ
反政府大規模デモが勃発しています。政権がイスラム色の強い運営をしていることえの
市民の反発での大規模デモだそうです。

トルコは20年オリンピック開催最有力国と目されていましたが、政情不安を理由に、
東京もトルコと肩を並べてきた感があります。

スペインも開催国に名のりを上げていますが、経済不安があります。
失業率が何と約25㌫(?)にもなっているそうです。

アフリカでは中国が圧倒的な存在感を示しています。

中国の習近平国家主席はアメリカのオバマ大統領との会談の前に
カリブ海のトリニダード・トバゴを訪問し、2億5千万ドル(約250億円)の
資金援助など経済協力の拡充を表明しています。

中南米のコスタリカも訪問しているようです。これらの目的は中南米や
カリブ海諸国に影響力を持つ台湾の力をそぎ、将来、台湾を中国の1部
に組入れたい思惑がありそうで、また次に訪問するアメリカへの牽制か、
と新聞が報道していました。

中南米やカリブ海諸国はアメリカに反発している国がいくつもあるようです。

--------------------------------------------------------------------------------------------

■日本と中国のアフリカとの関係比較■

貿易輸出入額
(2010年)    251億ドル<日本>   1270億ドル<中国>  中国が日本の5.1倍  

投資総額    4.6億ドル(11年)<日本>  14.3億ドル(09年)<中国> 中国が3.1倍

在留自国民数    約8,000人<日本>     推定82万人<中国>   中国が103倍

PKO派遣要員
(今年1月末)      271人<日本>       1520人<中国>     中国が5.6倍

大使館数
(アフリカ54ヵ国)    32館<日本>     49館<中国> 中国はほぼ全土に展開

首脳訪問
(07年以降) 安倍首相が第1次政権の07年にエジプト訪問<日本>  
          
        胡錦濤・前国家主席と温家宝・前首相、習近平国家主席(副主席含む)
        が計5回訪問<中国>

---------------------------------------------------------------------------------------------

以上の表は外務省発行「外交」19巻などからの引用です。

中国はアフリカ諸国へ圧倒的な存在感を示していますが、中国のアフリカへの進出の
弱点は、旧植民地政策に似ているとアフリカの1部の国からの批判もあるようです。  


Posted by 福岡桃太郎 at 14:53Comments(0)外国情報