2018年02月17日

白隠さんと仙厓さん


2月11日(日)午後から九州国立博物館で開催されていました
「白隠さんと仙厓さん」の特別展示展を見に行ってきました。

白隠禅師は駿河(静岡県)生まれの禅僧です。
臨済宗中興の祖と言われています(1686~1768)。
目を見開いた大きな達磨たいしの絵が見事です。

仙厓和尚は美濃(岐阜県)の生まれで,後、博多の聖福寺で
過ごされ庶民の教化につとめられた禅僧です。博多の人に
仙厓さんと呼ばれ親しめられました。聖福時は日本に初めて
禅宗をもたらした栄西が開いた禅寺です。仙厓さんは晩年、
絵画を数多く書かれています。(1750~1837)

博物館の4階には全部で11室の展示室がありますが、
今回の「白隠さんと仙厓さん」の展示は第11室のみで
思ったよりも小規模の展示で少し残念に思いました。

九州国立博物館の内部の様子です。3階までエスカレーターと
エレベーターで行けるようになっています。博物館は4階建て
になっているようです。
太宰府天満宮の太鼓橋です。
  


Posted by 福岡桃太郎 at 15:20Comments(0)歴史

2017年09月03日

2~1.4万年前の壁画

9月2日(土)、太宰府市の九州国立博物館で開催されています
「ラスコー展」へ行ってきました。

約2~1.4万年前の氷河期に、クロマニョン人がラスコー洞窟(フランス南西部、
ヴェゼール峡谷)で壮大な壁画を描いています。約600頭近くの躍動感溢れる
動物壁画です。人間の壁画はほんの少数しかないそうです。

昔(何年だったか記憶が不確かです?)少年が偶然発見し、
1979年、世界遺産に登録されました。

一部、写真が許可された場所があり、私は数枚の写真を撮ってきました。

人類は約40(?)~20万年前にアフリカ大陸東岸に出現し、約4万年前にヨーロッパ
へ渡り、そしてクロマニヨン人が、約2万年前にフランス南西部へ住みつき、その後、
人類はユーラシア大陸東部、東南アジア、北米、約1万数千年(?)前に南米に移動
して行ったようです。そうしますと人類の源泉、祖先は黒人ということでしょうか(?)。

展示会場は人で一杯でした。展示会は本日3日までです。

この壁画は牛か馬かバイソンでしょうか?

鳥(?)も描かれているようです。
 
九州国立博物館の建物の半分程度の写真です。

  


Posted by 福岡桃太郎 at 18:11Comments(0)歴史

2017年08月27日

エジプトの至宝

昨日8月26日(土)、午後から福岡市博物館で開催されてます
「黄金のファラオと大ピラミッド展」へ行ってきました。

約4500年前、エジプト古王国時代(紀元前2686~2160年頃)、
クフ王(ピラミッドの高さ146m)・カフラー王・メンカウラー王という
3人のファラオが建造した巨大ピラミッド群。

永遠の輝きを放つファラオの(黄金)ミイラマスク、あの世へ旅立つ
死者を守護する色鮮やかな棺、王女の胸元を飾る超絶技巧‥‥
などの展示物が展示されていました。

本日までの展示で、昨日の会場は人でいっぱいでした。

下記は、閉展示前の午後6時頃の1階から2階右側展示会場入口付近の写真です。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

博物館には無料駐車場があり、土曜日午後でも駐車できる空間があるようでした。
博物館へ行かれる方は、先ず博物館駐車場へ車を向け、満杯の場合は近くの駐車場へ
向かわれると良いと思います。

私は失敗しました。先ず近くの駐車場に車を停め、会場に向かいました。
帰途、駐車場カード入れ口に駐車カードを入れましたら2,800円と表示され
表示が間違いではと思いました。普通、600~800円位の料金が30分400円で
2,800円となっていたからです。

60分200円の表示が出ていましたので、600~800円位のつもりでいましたので、
2,800円の提示には驚きました。電話で問いただしましたら、特別の日は30分、400円
とのこと、、私は普通料金の日と特別料金の日があることを知らなかつたのです。
後で入口で精査しましたら普通の日の料金と特別の日の料金記述は確かにありました。

ヤフオクドームで野球日とかコンサートのある日は特別料金になって
いるようです。球場近くの駐車場で駐車する時は、注意が必要のようです。

  


Posted by 福岡桃太郎 at 03:16Comments(0)歴史

2017年06月21日

Pompei (ポンペイ)


数日前、福岡市博物館で開催されていました
ポンペイ(イタリア・ナポリの南)展を見に行ってきました。

紀元前79年8月24日、ベスビオス火山の噴火で、火山から約9km
に位置していたポンペイの街は、一晩で火山灰に埋まってしまいました。
住民の2,000~10,000人(?)程が、火山灰の下で生埋めになったそうです。

当時、ボンベイには約10,000人程(最盛期の人口は約20,000人?)の人が、
生活していたそうで、発掘された当時のポンペイの街並みが、そのまま出現しています。

日本の弥生時代後期、卑弥呼(女王)の時代-紀元200~248年頃?ーより
約280~330年(?)も前のポンペイの街は、古代、近代(??)とあまり変わらない
整然とした街並み、美しく綺麗に描かれた絵画等に驚きを覚えました。

来場者の3分の1位の人達が写真(写真可と記載されていました)を撮ってましたが、
私は気後れもあり、遠慮し、その代替として、会場入口のモニターテレビ(?)と
福岡市博物館の写真を撮ってきました。

後方にベスビオス火山が映っています。
ポンペイ福岡市博物館への入口です。ポンペイ (pompei)  


Posted by 福岡桃太郎 at 13:24Comments(0)歴史