2018年05月14日

退院

膝骨折のため、福岡整形外科病院に入院。28日間の入院生活
から解放され、5月12日(土、)退院してきました。

骨折して分かったことは、足、腰に問題のある人の多さでした。
多くの人達が、手術治療したり、リハビリ訓練をしていました。

足が悪いと行動を制限され、生活が上手く回らなくなります。
健全な足の有難さを痛感しました。

手術をしていただいた先生、多くの看護師さん達、リハビリの先生‥など
病院関係者全員に大変お世話になりました、ありがとうございます。

病院は自宅から約2km位の南区柳河内2丁目10ー50
(バス停は皿山1丁目)にあります。

下記2枚の写真は福岡整形外科病院です。







  


Posted by 福岡桃太郎 at 00:58Comments(0)健康

2018年05月09日

膝骨折のため塾休業のお詫び ②

4月13日午後、足の膝を骨折しました。
現在入院中。5月12日(土)退院予定です。

昨夜、病院から外泊許可が出ましたので
昨日午後から一時帰宅しています。

12日(土)午後あたりまで、もう少しご迷惑をおかけする場合も
あるかもしれませんが、再度よろしくお願いします。

塾で勉強予定の生徒さんには再度お詫びいたします。

                       See you soon

                             英和塾

  


Posted by 福岡桃太郎 at 00:30Comments(0)健康

2018年04月30日

骨折のため塾休業のお詫び

拝啓

不覚にも足の膝を骨折しました。

4月13日午後、コンクリート道路上で、左足をうまいこと地面に着地出来ず、
膝が直接地面に衝突した次第です。

14日入院。現在入院中。
今日30日、初めて外出許可がでて、帰宅しています。

経過は順調で、現在、リハビリ治療をしてもらっています。
5月7日(月)には塾を再開したいと思っています。

塾で勉強されている生徒さんや電話‥‥等で問合せをして頂いた
方々には、大変申し訳ないと思っています。すみませんでした。

ゴールデンウイーク終了後の5月7日には塾を再開します。
これまで以上に英語レッスンに力を入れますので、
どうかよろしくお願いします。

                                   英和塾

                                    草々  


Posted by 福岡桃太郎 at 12:02Comments(0)健康

2018年01月21日

九州がんセンター


本日午後から、薄曇りでしたが、少し晴れていましたので
携帯持参で近辺を散歩しました。

下の写真は九州がんセンター(7階建て4棟?)です。

九州がんセンターの全容と駐車場(300~500台(?)駐車可能です)

福岡都市高速道路の野多目入口(九州がんセンターの真横にあります)です。

福翔高校の正門付近です。後方の建物は多分、体育館だと思います。体育館の真下は西鉄バスの駐車場。道を挟んで、その横に野多目大池があります。

野多目大池です。周囲は約1.5km位あるのかもしれません。前方の森は照天神社、池の中にカモが泳いでいます。

がんセンター横のレイクヒルズ野多目のマンション群です。全部で9棟(?)あります。前方右のスーパーマーケットはダイキョウバリューです。

以上6枚の被写体は、南区野多目3丁目~5丁目にあります。英和塾から約500m(?)位の近場です。


  


Posted by 福岡桃太郎 at 00:22Comments(0)健康

2017年12月22日

日本人の平均寿命


2016年の日本人の平均寿命は、男性が80.98歳、女性が87.14歳だそうです。

平均寿命ランキング

(男性)1位 滋賀県 81.78歳
2 長野   81.75
3 京都 81.40
4 奈良 81.36
5 神奈川 81.32
‥‥‥‥‥‥‥‥‥
25 福岡 80.69
‥‥‥‥‥‥‥‥‥           
43 鹿児島 80.02
44 和歌山 79.94
45 岩手 79.86
46 秋田 79.51
47 青森 78.67
ーーーーーーーーーー
全国 80.77
 
(女性) 1位 長野県 87.67                         
2 岡山 87.67
3 島根 87.64
4 滋賀 87.57
5 福井 87.54
6 熊本 87.49.
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
21 福岡 87.14
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
43 福島 86.40
44 秋田 86.38
45 茨城 86.33
46 栃木 86.24
47 青森 85.93
ーーーーーーーーーーーーー
全国  87.01

以上は厚生労働省(5年ごとに作成)が発表した
2015年都道府県別生命表によります統計です。

記述するのも大変申し訳ない気がしたのですが、青森県は1975年
から9回連続、女性は00年から4回連続の最下位となっています。

今朝の新聞の週刊新潮の広告に「青森県はなぜ早死にするのか」
と言う大きな見出しが記載されていました。

それによります概略は、カップ麺をよく食べ、スーパーのカップ麺売場は、
野菜売り場の4倍と記載されていました。豪雪だから外出しない、運動しない、
病院へ行かない等の記述もありました。弘前周辺は、がん死亡率1位とのこと。

長野県は昔から教育県と言われています。真面目で自己規制する人が多いのでしょうか?
男性、女性とも平均寿命が2位、1位で長寿になっています。
  


Posted by 福岡桃太郎 at 02:55Comments(0)健康

2017年12月21日

Doctors and Dentists


2016年末時点の医師の総数は31万9,480人だそうです。
2年前に比べて8,2770人の増加。山形と山口を除いた
45都道府県で増加となっています。

私の記憶では毎年7,000人~8,000人位(?)が医師国家試験
に合格しているようです。

人口10万人当たりの医療機関で従事する医師数の全国平均は240.1人。
都道府県別では、最も多いのは徳島県で315.9人、最も少ないのは
埼玉県で160.1人、約2倍の開きがあります。

女性医師は6万7,493人で医師全体の21.1㌫。

歯科医師は10万4,533人。薬剤師は30万1,323人。

日本医師会会長は横倉義武さん(久留米大学医学部卒73才)です。
次期世界医師会長に決まってもいます。日本人では3人目です。
任期は1年(?)。

以上は厚生労働省が12月14日に発表した内容要約です。  


Posted by 福岡桃太郎 at 03:06Comments(0)健康

2016年02月27日

九州がんセンター

本日、平成28年2月27日(土)、九州がんセンターの新病院が開院します。
地上7階建の2棟、全部で25科あるようです。

通常診療は3月1日(火)からです。
新患受付時間は午前8:30~午前11:00
休診日 土・日・祝日・年末年始

場所は福岡市南区野多目3丁目1番1号
Tel 092 ー 541 ー 3231

福岡都市高速環状線、野多目インターに隣接しています。
西鉄大牟田線・大橋駅下車、大橋駅からバスで7~8(?)駅目です。


英和塾から約500m位の所に新病院は建設されています。
塾近辺は病院関係に大変恵まれています。

塾半径1km内には個人病院が約11院、歯科医院も約7院あります。
しかも2km~4km以内には総合病院の福岡日赤、福岡中央病院
(名称は不確か?)、福岡病院、大型専門病院の福岡整形外科病院、
5km以内には福大病院、長尾病院、さくら病院などの病院があります。

私は病院環境には大変恵まれていて、感謝しています。
ありがたいことです。  


Posted by 福岡桃太郎 at 03:07Comments(0)健康

2014年12月20日

58,820人

この数字は一体何でしょう?

そうです。日本の100歳以上の高齢者の数です(9月1日現在)。
女性51,234人(前年比3,628人増)、男性7,586人(前年比795人増)。
合計で58,820人となります。昨年より4,423人増となっています。
女性が87.1㌫、男性12.9㌫。

国内最高齢は、女性は大阪市東住吉区の大川ミサヲさんで、
1898(明治31年)年生まれの116歳。男性はさいたま市中央区の百井盛さんで、
1903年(明治36年)生まれの111歳。大川さんは世界最高齢だそうです。

出生時、200万人でしたら4,423 ÷ 2,000,000=0.0022115となります。
1,000人あたり2人 → 500人に約1人が100才以上になっていることになります。
出生が170万人でしたら、4,423÷1,700,000=0.0026017となり1,000人あたり
2.6人が100才以上になっていることに‥‥‥‥。

人口10万人当たりの100歳以上の高齢者数は46.21人。
都道府県別では島根が90.17人、高知86.44人、鳥取79.58人‥‥千葉33.03人、
愛知30.30人、最少は埼玉26.88人となっています。

100歳以上の高齢者は、調査が始まった1963年には153人、98年に1万人を超え、
2007年に3万人、12年に5万人を突破しております。15年には6万人を超えるでしょう。

これから毎年4,000~5,000人も増えていくのでしょうか?

以上は昨日の西日本新聞夕刊記事からの抜粋です。

-------------------------------------------------------------------

上記事は多分今年9月書いたブログ記事と同じものです。

新しい「世界人口白書」をブログに書こうと記事投稿欄をクリックしましたら
上記記事を復元しますかと言うメッセージが出てきました。そこをクリック
しましたら上記記事が画面上に現れました。後学のため数日間このままに
しておくことにしました。数日後、この記事は消去し、新たに「世界人口白書」
などを記述する予定です。
  


Posted by 福岡桃太郎 at 23:34Comments(0)健康

2014年09月13日

58,820

この数字は一体何でしょう?

そうです。日本の100歳以上の高齢者の数です(9月1日現在)。
女性51,234人(前年比3,628人増)、男性7,586人(前年比795人増)。
合計で58,820人となります。昨年より4,423人増となっています。
女性が87.1㌫、男性12.9㌫。

国内最高齢は、女性は大阪市東住吉区の大川ミサヲさんで、
1898(明治31)年生まれの116歳。男性はさいたま市中央区の百井盛さんで、
1903(明治36)年生まれの111歳。大川さんは世界最高齢だそうです。

出生時、200万人でしたら4,423 ÷ 2,000,000=0.0022115となります。
計算上1,000人あたり2人 → 500人に約1人が100才以上になっていることになります。
出生が170万人でしたら、4,423÷1,700,000=0.0026017となり1,000人あたり
2.6人が100才以上になっていることに‥‥‥‥。

人口10万人当たりの100歳以上の高齢者数は46.21人。
都道府県別では島根が90.17人、高知86.44人、鳥取79.58人‥‥千葉33.03人、
愛知30.30人、最少は埼玉26.88人となっています。

この数字から判断されることは埼玉県は若者が多いと考えても
いいのかもしれません‥‥。

100歳以上の高齢者は、調査が始まった1963年には153人、98年に1万人を超え、
2007年に3万人、12年に5万人を突破しております。15年には6万人を超えるでしょう。

これから毎年4,000~5,000人も増えていくのでしょうか?

以上は昨日の西日本新聞夕刊記事からの抜粋です。


  


Posted by 福岡桃太郎 at 13:00Comments(0)健康

2014年07月24日

大腸カメラ

昨日、福岡大学病院へ行ってきました。

麻酔をせず、大腸内をカメラで調べてもらいました。
カメラを大腸の奥まで入れるのに5分、引出すまでに15分、
合計約20分位かかったようです。

麻酔無しの検査でしたが、肛門付近に少しの痛みと違和感を感じる程度で、
大腸内はほとんど痛さも違和感も感じませんでした。

検査中、私もカメラで写し出された自分の大腸内映像を見ることができました。

少しだけ大変だったのは、検査前に水2リットルを2時間かけて飲まなければ
ならなかったこと。その後、大腸内を綺麗に掃除するためにトイレに5~6回
も行かなければならなかったこと。

ポリープは約5~8mm位のが1個、3mm位のが1個で悪性ではないようでした。

時代が進むにつれ、医学と医療機器の発達進歩はありがたいものです。

2月に痔検査のついでに大腸検査をしてもらった時は、麻酔をかけて
もらっていたので何もわかりませんでした。

2年前、客死した弟は、簡単な健康診断と検査を人並みにしていたら、
“天寿を全うできていたのに”ーと今でも時々残念に思います。

----------------------------------------------------------------------------------

大橋から → 高速循環線高架下を利用して → 福大病院行きのバスは回数は少ない
ものの便利に思いました。途中、那珂川病院、自動車試験場、障害者施設、
長尾病院、桜病院などもあり利用者も少しずつ増えているように感じました。  


Posted by 福岡桃太郎 at 12:09Comments(0)健康

2014年07月19日

福岡大学病院

昨日、福岡大学病院・消化器内科へ行ってきました。

今年の2月、痔外科クリニックで痔の検査をしてもらいました。
ついでに大腸の検査もしてもらいました。
5~9mm のポリープが2ヵ所あることがわかりました。

数年前から胆嚢に2~5mm位のポリープが数個あるのは知っていました。
これは気にする必要がないことも分かっていました。それで大腸ポリープ
のことも気にしていませんでした。

1週間前くらいから胃腸の調子が良くなく、大腸のことが少しだけ
気になりだしたので福大病院へ行ったわけです。

検査は来週で、以前体験したことですが、少しだけ大変なのは2リットル
の水を飲まなければならないことです。

今も不安はありません。正確なことが分かれば、安心でき、
ほんの少しの不安は解消されます。

最近、福大病院は近代的設備を備えた新病棟が増築されています。
新病棟の近代的設備に私は目をみはりました。明るく綺麗で快適な病院です。

地階にはフットネス、スターバックスもあり、地下鉄に通じる通路で
直接地下鉄に乗れます。1階はローソン、2階にはレストランがあります。

私はレストランで朝食の紅茶つきトースト、ヨーグルト、
野菜サラダをいただきました。400円。

  


Posted by 福岡桃太郎 at 21:31Comments(0)健康

2013年12月20日

骨粗しょう症

骨がスカスカになる病気が骨粗鬆症です。

この病気のことを考えていない人は多いそうですが、
高齢者になるとこの症状の人は意外と多いそうです。
最悪の場合は骨折で寝たきりになる人もいるそうです。

介護者の20㌫の人が寝たきりの骨粗しょう症の人のようです。

腰痛のある人は、この骨粗しょう症のことも1度考えてみられることをお勧めします。
特に身長が2cm以上低くなった人は、真剣にこの病気のことを考える必要があるようです。

少し怖いことですが、骨粗しょう症の人は1度骨折すると(特に背骨ですが、本人に
自覚症状がなく骨折している場合も多いそうです)2度、3度とドミノ倒しのように次々と
骨折が起こっていくことがあるそうです。

骨折が起き易いのは、背骨と腰から足が伸びている大腿骨部分だそうです。

高齢になりますと、時々骨密度(80以上が正常のようで、70以下の人は
要注意と聞いています)を計る必要があるようです。

この症状に陥らない為には、カルシューム、ビタミンD,Kをよく取り、適度な運動と、
屋外に出て、太陽にもあたる必要があるようです。

12月14日、福岡市天神のエルガーラホールで「骨粗しょう症予防シンポジュウム」
市民公開講座を拝聴しに行ってきました。
8階の大ホールには約600人(主催者発表)もシンポジュウムを聴きにみえられていました。
女性や高齢者が多かったように思います。

骨粗しょう症にならないために栄養と適度な運動(よく歩く)、太陽にもあたりましょう。
まだ若い私ですが、来年は上記を心がけ実行します。

  


Posted by 福岡桃太郎 at 11:52Comments(1)健康

2012年08月30日

健康診断

私は本日、中央区の福岡中央保険所へ
骨密度検査に行ってきました。

約2年前に検査した時より、ほんの一寸だけ
数値が上がっていました。現状維持とか
ほんの一寸でも改善されていると嬉しいものです。

保険所で気づきましたのは、20分くらいの間に
健康診断に來所されていたのは女性ばかりでした。

最も木曜日のこの時間帯は、ほとんどの男性が仕事に出かけていると
思いますが、これまで、どの場所、会合、講演会、音楽会‥‥など、いずれも
参加者は、女性が圧倒的に多いという個人的感想を懐いております。

上記述も女性が男性より6~7歳長生きする要因の1つ
になっているとみなしてよいのかもしれません(?)

“ 男性の皆さん積極的に健康診断へ行きましょう!!”

保険所ですと費用はわずか500円くらいだと思います。要予約。
当日はほかにも胃がん、乳がん‥などの検診もあっていたようです。

中央保険所は赤坂門の近く、舞鶴2丁目の少年文化会館の隣です。
立派で美しい10階建てのビル。5~6階が保健所になっているようです。
  


Posted by 福岡桃太郎 at 13:13Comments(0)健康

2012年08月19日

106歳

8月16日(木)午後7時(?)、曻地(しょうち)三郎さんが、
世界1周旅行から福岡空港に戻ってこられました。

「最高齢世界1周旅行者」としてギネス記録に認定されました。

認定の条件は、全ての経度と赤道を通過し、3万7千㌔以上を
移動すること、となっています。

曻地さんは、7月中旬に福岡空港を出発。北米、ヨーロッパ、
アフリカ各大陸の9ヵ国を訪問しました。総移動距離は約5万6700㌔。
南アフリカでは国際心理学会で黒田節を披露されたそうです。

ドイツ・フランクフルトから帰国する機中で106回目の誕生日を迎えています。

空港には約60人の支持者から“お帰りなさい”と祝福されると
両手を挙げて“多くの人に出迎えてもらえ感謝感激、年齢とは
関係なしに前進あるのみです”と話されています。

曻地さんは南区大橋の隣、井尻にお住まいです。

“曻地さん益々元気で長生きして下さい”

以上は17日の西日本新聞朝刊記事からの抜粋です。

  


Posted by 福岡桃太郎 at 10:37Comments(0)健康

2012年07月17日

106歳

知る人ぞ知る、曻地三郎さんが、昨日、7月16日、福岡空港からカナダ、ブルガリア、
オーストリアなど9ヶ国、約5万6700kmの世界1周旅行へ旅立たれました。

帰国は1ヶ月後の8月16日で、丁度この日が誕生日で、106歳になられます。

公共交通機関での最高齢世界1周旅行者のギネス記録に挑戦するためだそうです。

南アフリカでは国際心理学会に出席し、黒田節を披露する計画も立てておられます。

教育学者の曻地さんは、福岡市南区井尻で日本初の知的障害児通園施設
「しいのみ学園」を創設された方です。「しいのみ学園」は西鉄・大牟田線の
井尻駅のすぐ近くにあります。約40~50年前には映画にもなりました。

95歳頃から中国語、その後、多分、韓国語も勉強されています。

西日本新聞記事で、見送りに駆けつけられた65歳の女性が、「曻地さんを見ていると、
年を取ったなんて言っていられない。帰国される時はドレスアップして出迎えなくては」
とコメントされています。

曻地さんは「うんと元気になって帰るつもりでございます」と笑声で力強く宣言し、
しっかりした足取りで搭乗口に向かわれたようです。

「曻地さん、うんと元気になって106歳になって下さい!!」

  


Posted by 福岡桃太郎 at 17:02Comments(0)健康

2012年04月23日

I have had a cold.

私はこの約3週間風邪をひております。
熱はないのですが、咳と鼻水がしょっちゅう出て、少しだけ苦しんでいます。

人間、体が少しだけでも不健康状態にありますと何時も少しだけ(?)
苦痛を感じます。病院には3度行き、薬をもらって来ました。

今のところ最初の状態とあまり変わらず、早く元の健康体に戻りたいと願っています。

人間、何と言っても「健康第1です」
皆さんも健康に注意し、時には健康診断を受診されることをお勧めします。

“ Nothing is more precious than health ”

We should remember this words.

  


Posted by 福岡桃太郎 at 00:51Comments(0)健康

2011年11月08日

病院間の路線バス

西鉄は国道202号福岡外環状道路沿いの複数医療機関を結ぶ
「外環状」(700番)の路線バスを始めました。

西鉄大牟田線大橋駅(南区)から福岡市営地下鉄七隈線
福大前駅(城南区)までの約7~8km(?)。

その間、福岡徳洲会病院 → 那珂川病院 → 九州がんセンター
→ 長尾病院 → さくら病院 → 福大病院などの総合病院があります。

これらの病院へ通院されている方には便利になると思います。

福大病院の約1km(?) 先には福西会病院があります。将来、
そちらまで路線バスを伸ばしてほしいとの要望もあるようです。

以上の路線バスは1年間の期間限定で、その後はその間の
バス乗車率で正式な路線になるかどうかが決まるそうです。

今年1~4月の社会実験では乗車率が非常に低く
採算性に疑問符がついたそうです。

この路線バスを知らない人が大多数で、福岡市と西鉄は
宣伝用のチラシなどを配布してPRに努めているようです。

これらの病院へ通院されている方はこの路線バスも
利用されることをお勧めします。

この文面は11月1日の西日本新聞記事からの引用です。

追伸 西鉄のバス保有台数は日本1だそうです。  


Posted by 福岡桃太郎 at 18:14Comments(0)健康

2011年06月08日

野菜の効果

野菜を食事の最初に食べると老化防止になるそうです。

食事の際、一般的に糖類(米など‥)、肉、魚、スープなどを先に食べ、
野菜サラダなどの野菜類は最後になりがちです。

AGEで老化の原因は分かるそうで、老化とはコラーゲンの糖化だそうで、
食事の際、先ず一番に野菜類を食べ、その後、ご飯や肉、魚‥‥などを食べる
順番にすると老化を遅らせることが出来るそうです。

6月5日(日)、NHKテレビのエコ番組で、「ためしてガッテン」の再放送を見ました。
反響が大きかったことでの再放送でした。

老化を遅らせたい方は、食事の際、先ず野菜から食事されることをお勧めします。
少なからず効果があると思います。偶然、見たテレビでしたが、良い情報をもらえ、
他の人達にも教えたい気持ちにさせられました。


The weather forecast said that it set in th rainy season in the northern districts
of Kyushu and Yamaguchi Prefecture on June 5th.


  


Posted by 福岡桃太郎 at 14:42Comments(0)健康

2010年10月10日

ガン (癌ーcancer )


ある統計によりますと、生涯で日本人の2人に1人は1度はガンに罹り、3(~4)人に1人は
癌で死亡するようなことを雑誌か新聞で読んだことがあります。

昨年末から今年にかけて、指揮者の小沢征爾、サザンオールスター(ズ?)の
桑田ケイスケ、舞台監督のつかこうへい氏達が食道がんに罹っています。

桑田ソングは軽快で、格好よく、私は彼のフワンの1人です。
福岡県かま市出身のつか氏は、残念ながら9月に他界されました。
ご冥福をお祈りします。


この10年、医学の進歩は目覚しく、ガンになった人でも完治する人が非常に多くなって
います。お二方は初期ガンで、完治され、健康を取り戻されると私は信じています。

初期ガンは完治する可能性が高いので、時々ガン検診を受けるようにしたいものです。

ガン死亡ランキング(男性)

①気管・気管支及び肺
②胃
③大腸
④肝及び肝内胆管
⑤膵臓
⑥前立腺
⑦食道
⑧胆のう及びその他の胆道
⑨悪性リンパ腫
⑩白血病

(女性)

①大腸
②気管・気管支及び肺
③胃
④膵臓
⑤乳房
⑥肝及び肝内胆管
⑦肝のう及びその他の胆道
⑧子宮
⑨卵巣
⑩悪性リンパ腫
⑪白血病

~ 以上は厚生労働省の人口動態統計から ~

----------------------------------------------------------------------

2009年の死亡ランキング

①悪性新生物(ガン)
②心疾肝
③脳血管疾患
④肺炎
⑤肺疾患
⑥結核  


Posted by 福岡桃太郎 at 20:44Comments(0)健康