QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
福岡桃太郎
出生は福岡市。ゼェンダーはmanです。
My age is over fifty years old.
My favorite subjects were geography and
statistics in my (junior high school) student.
英語講師歴10年余です。
スポーツ、徒歩、小旅行(県内など)が好きです。
オーナーへメッセージ

2017年09月22日

Neo Cinemap Fukuoka 2017

9月19日と20日、Love Fm 主催の「アジアフォーカス・国際映画祭」
関連企画で「アジア映画・映像コンテンツの商談会」が福岡国際会議場
を主会場として開催されました。

私は20日(水)、福岡国際会議場で「ネオ・シネマップ・フクオカ 2017」
のボランティア活動に初参加しました。

多数ではありませんでしたが、東南アジア諸国と日本からプロダクション、
ディレクター、バイヤー‥‥などの人達が参集していました。

私は午前中、1階で、午後は5階構内で、ボランティア活動をしました。

フィリピン、マレーシア、インドネシア、シンガポール、ベトナム
(接する機会があrませんでした)、イギリスのプロダクション、バイヤー‥‥
などの人達と簡単な軽い会話を楽しみました。会話は、みな英語で、
東南アジアの人達は、みなネイティブみたいに流暢な英語を話されます。

福岡国際会議場 ( Fukuoka International Congress Center )
の隣はサンパレス、その横は福岡国際センター ( 大相撲九州
場所が開催されます建物です)があります。

国際会議場は5階建てです。

国際会議場の1階入り口に掲げました看板です。





  


Posted by 福岡桃太郎 at 15:41Comments(0)文化、芸能

2017年09月16日

博多湾クルーズ

9月14日(木)ベイサイドプレイス博多の博多埠頭から(福岡市経営の)
クルーズ船に乗り、博多湾1周の説明付き遊覧を楽しみました。

博多湾は昔から埋め立てが進められ、陸地部分が増しているようです。
近年では百道浜、アイランドシテイ、コンテナ用の埠頭増設‥‥‥など
があります。

日頃見ることのない海からの福岡市の眺めにも
興味深いものがありました。

博多港は日本1の国際旅客港でもあるようです。

<平成27年、主な港の比較)
  博多港  1,607,290人
  長崎港 859,308人
  那覇港 406,095人
  比田勝港 281,576人

約60分間の興味深い遊覧でした。説明解説付きで、
少しだけ博多湾のことが詳しくなりました。的確な解説は、
応援団長もしたことのある海と空に詳しい同窓生でした。

陸に上がり、最後は地上70mの博多ポートタワーの展望台(無料)から
福岡市街と博多湾の素晴らしい眺めを楽しみました。塔の高さは100m。.

13日はアークホテルロイヤル天神で高校の同窓会(出席者62人)
12日は筑紫ヶ丘ゴルフクラブでゴルフ大会(参加者18人)
14日は博多湾クルーズ(参加者約25人?)

私は13,14日出席。楽しい同窓会でした。幹事の方々に感謝です。

高校の同窓会は平均2年に1回開催されているようです。
もし同窓生で「近隣低山山の会」などの同好会でも作れば
私は参加します。
  


Posted by 福岡桃太郎 at 15:29Comments(0)生活

2017年09月09日

九州国立博物館

9月2日(土)、九州国立博物館と太宰府天満宮へ行ってきました。

両所は隣接していてWin Winの非常に良い関係になっていると
思います。何時行っても太宰府天満宮は人が多いのですが、
東南アジア系観光客、修学旅行系の団体‥などと九州国立
博物館が出来たことも手つだって、更に人が多くなっている
ようにも思えます。直接博物館の駐車場へ行く手がありますが、
天満宮の太鼓橋を横目にして→菖蒲池→博物館入口へ辿り着く
道順もあります。

恩恵を受けているのは、九州国立博物館の方かもしれません。
天満宮へ行って、博物館にも寄ってみる、その反対の例もありましょう。

1日中駐車しても500円の広い駐車場が2ヶ所、300円の駐車場1ヶ所を
偶然見っけました。下の写真は博物館へ行く入口です(エスカレーターで
上昇)
エスカレーターを2回乗り換え(約20~30m(?)位上昇し、
動く道を2回乗ります。動く道を乗り終えると博物館へ辿り着きます。
博物館は4階建て、3,4階が展示場になっているようです。

  


Posted by 福岡桃太郎 at 03:14Comments(0)福岡徒然

2017年09月03日

2~1.4万年前の壁画

9月2日(土)、太宰府市の九州国立博物館で開催されています
「ラスコー展」へ行ってきました。

約2~1.4万年前の氷河期に、クロマニョン人がラスコー洞窟(フランス南西部、
ヴェゼール峡谷)で壮大な壁画を描いています。約600頭近くの躍動感溢れる
動物壁画です。人間の壁画はほんの少数しかないそうです。

昔(何年だったか記憶が不確かです?)少年が偶然発見し、
1979年、世界遺産に登録されました。

一部、写真が許可された場所があり、私は数枚の写真を撮ってきました。

人類は約40(?)~20万年前にアフリカ大陸東岸に出現し、約4万年前にヨーロッパ
へ渡り、そしてクロマニヨン人が、約2万年前にフランス南西部へ住みつき、その後、
人類はユーラシア大陸東部、東南アジア、北米、約1万数千年(?)前に南米に移動
して行ったようです。そうしますと人類の源泉、祖先は黒人ということでしょうか(?)。

展示会場は人で一杯でした。展示会は本日3日までです。

この壁画は牛か馬かバイソンでしょうか?

鳥(?)も描かれているようです。
 
九州国立博物館の建物の半分程度の写真です。

  


Posted by 福岡桃太郎 at 18:11Comments(0)歴史

2017年08月27日

エジプトの至宝

昨日8月26日(土)、午後から福岡市博物館で開催されてます
「黄金のファラオと大ピラミッド展」へ行ってきました。

約4500年前、エジプト古王国時代(紀元前2686~2160年頃)、
クフ王(ピラミッドの高さ146m)・カフラー王・メンカウラー王という
3人のファラオが建造した巨大ピラミッド群。

永遠の輝きを放つファラオの(黄金)ミイラマスク、あの世へ旅立つ
死者を守護する色鮮やかな棺、王女の胸元を飾る超絶技巧‥‥
などの展示物が展示されていました。

本日までの展示で、昨日の会場は人でいっぱいでした。

下記は、閉展示前の午後6時頃の1階から2階右側展示会場入口付近の写真です。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

博物館には無料駐車場があり、土曜日午後でも駐車できる空間があるようでした。
博物館へ行かれる方は、先ず博物館駐車場へ車を向け、満杯の場合は近くの駐車場へ
向かわれると良いと思います。

私は失敗しました。先ず近くの駐車場に車を停め、会場に向かいました。
帰途、駐車場カード入れ口に駐車カードを入れましたら2,800円と表示され
表示が間違いではと思いました。普通、600~800円位の料金が30分400円で
2,800円となっていたからです。

60分200円の表示が出ていましたので、600~800円位のつもりでいましたので、
2,800円の提示には驚きました。電話で問いただしましたら、特別の日は30分、400円
とのこと、、私は普通料金の日と特別料金の日があることを知らなかつたのです。
後で入口で精査しましたら普通の日の料金と特別の日の料金記述は確かにありました。

ヤフオクドームで野球日とかコンサートのある日は特別料金になって
いるようです。球場近くの駐車場で駐車する時は、注意が必要のようです。

  


Posted by 福岡桃太郎 at 03:16Comments(0)歴史

2017年08月25日

STARBUCKS

8月22日(火)、薬情報を確かめるために福大病院へ行きました。
帰途、福大病院1階からエレベーターで、地下1階に下りて行き、
スターバックスでコーヒを飲みました。中型マグカップで345円(税込み)。
まー普通のコーヒーの味と思いました。

シアトル(アメリカ)発、少しお洒落な全国展開のコーヒー店のようです。
私はこれまで福大店、天神店、イーオン福岡店、御堂筋店(大阪)‥などで
コーヒーを楽しみました。真夏の冷たいアイスコーヒーのおいしい記憶があります。

その地下2階に地下鉄天神線・福大駅があります。地下鉄福大駅もあり、
福岡大学は交通の便がより良くなっています。

少し時間がありましたので、今回初めて福大構内を散策してみました。
沢山建物が建っていますが、構内もかない広いです。
瓢箪(ひょうたん)池の庭もありました。

大学構内見学でほど良く疲れ、帰宅後の夕方、軽い昼寝ができました。
  


Posted by 福岡桃太郎 at 12:10Comments(0)食べ物

2017年08月19日

日本1 高いビルの展望台

8月12日大阪へ行ってきました。

大阪市には梅田、難波、阿部野(天王寺)と
ターミナル(拠点)が3ヶ所あります。

JR天王寺駅の横に近鉄・阿倍野橋駅があります。
駅舎の上に近鉄百貨店があり、その上には地上
300mの「あべのハルカス」がそびえ立っています。

その内、東京にハルカスより高いビルが建設されることになっている
そうですが、現時点では日本1高いビルだそうです。

近鉄デパートの上に建てられています「あべのハルカス」は、
ビルの上に継ぎ足されて建設された建物ですので、下から見上げますと
私には少しバランスを欠いた(?)建物に見えました。

300mの展望台で写真を撮ってきました。

近鉄16階でチケット(1,500円) を購入し、エレベーターで
ハルカス展望台へ辿り着きます。その間、約45秒(?)。

数年前、約2ヶ月間、約10回ほど大阪に行き、各週約4~6日間
大阪に滞在しましたので、少しだけ大阪に詳しくなった気分でいます。

近鉄デパートが新装され、ハルカスもでき、地下街、地上とも、
阿部野橋(天王寺)周辺がスッキリしてきた感があります。

北方(上方)が梅田、JR大阪駅周辺になります。緑地帯は天王寺公園です。

大阪城を探して写真を撮ったつもでしたが、写真中央の緑地帯は四天王寺(?)付近のようです。ハルカスからは大阪城を探し出すことはできませんでした。遠方(上方)右方向が京都方面のようです。
JR天王寺駅前からハルカスを撮りました。
  


Posted by 福岡桃太郎 at 17:16Comments(0)日本国内

2017年08月15日

日本1 の 山城

8月11日(金)、兵庫県朝来市の山城「竹田城跡」
へ行ってきました。

「天空の城」(日本のマチュピチュ)とも言われ、海抜757メートルの
朝来山中腹にあり、天守台は標高353.65mの所にあります。
縄張りの規模は南北400m、東西100mに及びます。

城下町にはなく、不便な山中にある山城跡です。

姫路駅からJR播但線で竹田駅まで約90分、その駅の真上の
山に「竹田城跡」はあります。

1431年、山名持豊が竹田城構築に着手し、約12年後完成。
1600年、関ヶ原の役後、廃城。

竹田城、備中・松山城、大野城(福井県大野市)を日本3大山城と言うそうです。

中央に見ええるのが天守台です。
     遠方中央に見えるのが天守台です。
天守台からの1眺め
城跡から遠方の眺め(JR竹田駅の反対側になります)
  


Posted by 福岡桃太郎 at 16:00Comments(0)観光

2017年08月04日

窃盗(こっそり盗み)

8月3日(木)12:00~19:00の間に、自宅でこそ泥棒に遭いました。
私は15:00頃まで自宅に接しています道に、それ以降は自宅にいました。

午後8時頃、釘に引っ掛けていました紺色のズボンが無いのに
気づきました。ズボンのホケットの中には財布を入れていました。
その中には現金約28,000~24,000円位を入れていました。

泥棒さんは、このブログを見ることは無いと思いますが、万一
私のブログに気づかれましたら、自宅のポストの中に24,000円
と重宝な財布を返却お願いします。3,000円は泥棒さんの泥棒報酬
として納めて下さい。以上宜しくお願いします。

約1年3~4ヶ月前に自宅駐車場に車を駐車していました。
翌朝、気づきましたのは、車が不自然な状態でパンクしていました。
その約1ヶ月位前に板付の「松岡モーター」で車検を終えていました。

嫌なことや不自然なことが起きましたら消極的ながらブログにも
記述してみようかと軽く考え始めました(??)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

英語で泥棒は thief, 強盗は robber, 夜盗は burglar,

My house was broken into yesterday.(昨日、私の家に、泥棒が入った)
I was robbed in my house.(自宅に泥棒された)
He burglarized ( robbed ) the house(彼はその家に泥棒に入つた)
Stop, thief (泥棒だ!)



  


Posted by 福岡桃太郎 at 22:37Comments(0)災害

2017年08月02日

朝倉市の豪雨被害地

7月30日、午後から(北部九州)豪雨の被害に遭遇しました
朝倉市へ行ってきました。

朝倉市(甘木)から志波、杷木、夜明けダム(日田市?)、
JR夜明け駅(日田市)付近まで車を走らせました。

被害甚大地点は、山田四つ角交差点、通道橋、
下町公民館付近、赤谷川、北川(志波)、高連、
三連水車の里‥など

道路決壊で東峰村へは行けませんでした。

被害が甚大だった地点と被害をさほど受けていないだろう
地域との落差が見えました。

自然災害の多い日本、どこにでも起こりえる現象です。
事前の災害対策必要性を気づかせていただきました。

山田四つ角交差点付近

通道橋付近
三連水車の里

  


Posted by 福岡桃太郎 at 00:09Comments(0)災害

2017年07月23日

小説家(novelist)

7月19日、第157回の直木賞と芥川賞の発表がありました。

「月の満ち欠け」で佐藤正午さんが直木賞を
「影裏」で沼田真佑さんが芥川賞を受賞されました。

佐藤さんは佐世保市在住の61才のベテラン作家。沼田さん
(38才)は福岡市に20年間生活(大濠高校ー西南学院大学)、
現在は盛岡市に住んでおられるそうです。

直木賞は2011年「蜩ノ記」で葉室麟氏が、2015年「流」で東山彰良
氏が受賞、芥川賞は今年「月の満ち欠け」1冊目で沼田真佑氏が
受賞となっています。

1年間に2回の授賞がありますが、この6年間で3人も西南大出身者が
受賞していることは、特筆すべきことに思えました。この5~6年間では
日本1の輩出校になっているのかもしれません(??)。
それとも早稲田卒生(??)。

福岡市には高樹のぶ子さん、夏樹静子さん(昨年他界)、
杉本章子さん(一昨年他界)、杉本章子さん(海星女子学院
ーノートルダム清心女子大)は英和塾のわりかし近くに住んで
おられました。彼女の「写楽まぼろし」は積読したままです。

村上春樹は人気があり、良く売れているそうですが、近年、文学作品
はあまり人気が無く、本屋では村上春樹の本だけが売れていて、他の
作家さんの本はあまり売れていないと評論家の新聞対談で述べられて
いました。

  


Posted by 福岡桃太郎 at 18:27Comments(1)文化、芸能

2017年07月19日

落語

7月17日17:00、林家はな平さんの福新楼寄席「夏落語」を
拝聴しました。話し手は、福岡市出身の若手落語家です。

笑わせて頂きました。1時間、客を笑わせ、楽しませるのは、
落語家の力量だと思います。

落語に登場する人物は罪のない滑稽な人に思えます。
林家はな平は将来有望な落語家になると思いました。

最近、落語ブームも手伝って、東京では落語をする場所が多いそうでが、
福岡市ではイムズホールで月1回開催されている程度で、「林家はな平」
寄席は3 回目の福岡市開催だそうです。

場所は福岡市中央区今泉1丁目1-1「福新楼」3階。
お客さんは約60人でした。

次回は9月24日(日)17:00(16:30開場)中国菜館「福新楼」
問合せはフリーダイヤル0120-2946-01。

NHK教育テレビで毎週月曜日23:00から約30分、
「落語The Movie」の演目があります。面白いですよ。  


Posted by 福岡桃太郎 at 15:06Comments(0)文化、芸能

2017年07月16日

水城館

先週、太宰府市からの帰途、再度、史跡・水城跡に立寄りました。

小高い丘の側面の土の中に水城館の建物が収まっています。
丘の土の中に建物があるのは珍しいなーと思いました。

私は時間に追われ、時間が無かったので、史跡・水城跡の
資料が展示されているであろう水城館の建物の中には入りませんでした。
珍しかったので写真だけ撮ってきました。

韓国の白村江の戦(663年)、倭(日本)・百済(韓国)ー対ー新羅(韓国)・唐の
戦いに負けた倭・百済は664年(天智天皇3年)水城(全長1.2km,高さ9m,
基底部の幅80m,上部の幅25m,二段構造の土塁)を造る。

その1年後、665年(天智4年)、古代山城(朝鮮式山城)の基肄城
(佐賀県基山町ー標高404m),と大野城(福岡県大野城市?)を建造し、
新羅軍の侵攻に備えました。

水城の土塁に沿って遊歩道があります。大野城は水城の直ぐ上方に位置し、
基肄城(基山)も水城から約10km(?)の近距離にあります。
両方の山は中学校の遠足で何回か登山してます。以下2枚の写真は水城館の建物です。


  


Posted by 福岡桃太郎 at 02:21Comments(0)日本国内

2017年07月07日

自然災害

福岡県中部地方、朝倉市、旧小石原村(孤立していると
聴いてます)、東峰村、添田町、大分県日田市、‥には
大雨が降り、多大な被害が出ています。

朝倉市は48時間で555mm も雨が降ったそうです。1時間で
70mm. 2日間で、例年7月の1.5ヶ月分の降雨だったようです。

長崎県壱岐地方も2日間で330~350mm(?)の降雨で、
これも近年に無い雨量だそうです。

自然災害は日本の何処にでも起こりえる近年です。
大雨、山崩れ、土石流、流木‥は恐ろしですねー。

朝倉市、東峰村、日田市の被害が甚大のようです。
山崩れ、木材の流木の被害、日田市近辺では
JR久大本線の鉄橋まで流されています。

中学時代の同級生が、約40年間カリフォルニアに住んでいます。
時々、帰郷もしているようです。朝倉市の分譲地に家を購入
したと聴いてもいます。連絡は簡単に取れていると思いますが、
自宅と朝倉市のことが心配でしょう。

数年前に知合いになれた同年代の方は、東峰村出身で、
村のことを心配されていると思います。

幸運なことに福岡市とその近辺は、約2~3時間ほどゴロゴロ
軽い雷鳴が続いたことと雨が降った程度で、今のところ、
被害情報は聞いていません。

朝倉市、東峰村‥‥地方の被害が少ないことを祈念します。  


Posted by 福岡桃太郎 at 03:21Comments(0)災害

2017年07月03日

日本1長い参道

埼玉県さいたま市、大宮区(昔の大宮市)にあります氷川神社には、
日本1長い参道があります。何とその長さは約2kmもあるそうです。

私はその参道と氷川神社(本社)を訪問したくなりました。氷川神社は
全国区の神社で、近県に約200も氷川神社があうそうです。

7月1日(土)、NHKテレビ「ブラタモリ」を見ました。
現在、大宮は鉄道の街、明治、大正時代は江の島や軽井沢みたいな
避暑地だったそうです。今も大きな公園としてその場所が残っているようです。

2001年の大合併で人口約128万人(浦和市約49万人+大宮市約46万人
+その多の市町)、10区になっています)の大都市になっています。

埼玉県には江戸時代の街並みが残っている川越市もあります。

私の中学時代は埼玉県は、まだ人口も少ない田園地帯の残った県だった
と思いますが、大東京の余波で、千葉県同様、急激に都市化して行ったようです。

次回の「ブラタモリ」は青森県弘前市訪問になっています。
  


Posted by 福岡桃太郎 at 15:31Comments(0)日本国内

2017年06月29日

福岡市博物館

福岡市博物館はアジア太平洋博覧会時に建設、その後改装され
1990年(平成2年)に現在の形になったようです。

住所、福岡市早良区百道浜3ー1ー1 (シーサイドももち地区)
電話 092ー845ー5011
営業日時 7~8月は9:30~19:30 9~6月は9:30~17:30

福岡市博物館へは地下鉄・西新駅から歩いて約14分。シーサイド百道地区
には、博物館の西に福岡市総合図書館、北に福岡タワー、川を挟んで
福岡ドームがあります。博物館も無料駐車場はありますが(土日、祭日は直ぐ
満杯になるそうです)、博物館からゆっくり歩いて(約5~10分の距離に
NECビル とTNC(テレビ)ビルがあります。その中間に40分→100円の
駐車場が3ヶ所、30分→100円が1か所あります。地下鉄西新駅周辺と
西南学院大学周辺は60分→200円が多いようです。

当館で「黄金ファラオと大ピラミッド展」が7月8日~8月27日まで開催されます。
福岡市博物館
  


Posted by 福岡桃太郎 at 04:16Comments(0)美術・芸術

2017年06月25日

日本陸上選手権

23日~25日午後(夜間)まで大阪市のヤンマースタジアム長居で
日本陸上選手権が挙行されています。24日(土)は観客数約19,500人、
男子100m決勝時には小雨になりました。

24日午後8時38分、号砲(?)一発、注目の男子100m決勝がスタート
しました。強豪揃いの選手達で誰が10秒を切るか注目されていました。

桐生、ケンブリッジ飛鳥も及ばず、サニブラウン(今年、高校を卒業した
ばかりの18才)が10秒05で優勝し、2ヶ月後の世界選手権出場選手に
決まりました。

順位と記録は次の通りです。

1位 サニブラウン(東京陸協) 10秒05
2位 多田修平(関西学院大2年) 10秒16
3位 ケンブリッジ飛鳥(ナイキ) 10秒18
4位 桐生祥秀(東洋大(2年?)) 10秒26
5位 川上、or 山縣亮太(セイコー) 記録?
7位~8位までは九鬼、高平(名前?)

女子100m決勝は福島の7連覇にはならず
1位市川華彩(ミズノ)11秒52
2位 福島千里(札幌陸協)11秒58

大阪市のヤンマースタジアム長居は観客席は屋根に
覆われていて大きな競技場です。多分、東住吉区(?)辺り
に競技場があると思われますので、大阪市訪問時に時間が
あったら競技場を外から眺めて見ようかとも思いました。  


Posted by 福岡桃太郎 at 00:20Comments(0)スポーツ

2017年06月21日

Pompei (ポンペイ)


数日前、福岡市博物館で開催されていました
ポンペイ(イタリア・ナポリの南)展を見に行ってきました。

紀元前79年8月24日、ベスビオス火山の噴火で、火山から約9km
に位置していたポンペイの街は、一晩で火山灰に埋まってしまいました。
住民の2,000~10,000人(?)程が、火山灰の下で生埋めになったそうです。

当時、ボンベイには約10,000人程(最盛期の人口は約20,000人?)の人が、
生活していたそうで、発掘された当時のポンペイの街並みが、そのまま出現しています。

日本の弥生時代後期、卑弥呼(女王)の時代-紀元200~248年頃?ーより
約280~330年(?)も前のポンペイの街は、古代、近代(??)とあまり変わらない
整然とした街並み、美しく綺麗に描かれた絵画等に驚きを覚えました。

来場者の3分の1位の人達が写真(写真可と記載されていました)を撮ってましたが、
私は気後れもあり、遠慮し、その代替として、会場入口のモニターテレビ(?)と
福岡市博物館の写真を撮ってきました。

後方にベスビオス火山が映っています。
ポンペイ福岡市博物館への入口です。ポンペイ (pompei)  


Posted by 福岡桃太郎 at 13:24Comments(0)歴史

2017年06月14日

紫陽花 ( あじさい )

今朝から快晴です。近隣を散歩してきました。紫陽花が開花していましたので写真をとってきました。
午後から太宰府へ行ってきました。途中、水城の駐車場に車を止め、再度水城跡の写真を撮ってきました。
  


Posted by 福岡桃太郎 at 14:35Comments(0)自然

2017年06月07日

水城跡

本日、小雨が降る中、水城跡の駐車場に車を止めて
水城跡の写真を撮ってきました。韓国の白村江の戦い(663年)の後、
福岡県太宰府地区に基底部約80m,高さ10m,約1.2kmの水城が造ら
れました。後日、天気の良い日に再度訪問する予定です。水城跡
水城跡
。  


Posted by 福岡桃太郎 at 15:15Comments(0)観光